キッチンから生まれる宝物。たのしい循環生活を世界中に!
循環生活研究所 たいら 由以子 さん

2019年9月17日 晴れ

「たくさんの夢があつまる未来都市」アイランドシティにやって来ました。
今からカーゴバイクに乗ってダンボールコンポストの中身を交換しに行くのです。

今回お話を伺ったのは、循環生活研究所(以下、じゅんなま研)のたいら 由以子さん。
書いて字のごとく「資源が循環する生活」を当たり前にしたいという思いでさまざまな活動をされています。
例えば、毎日の食事で出る生ゴミ。これをじゅんなま研が開発したダンボールコンポストに入れると…栄養たっぷりの堆肥に大変身!それを畑の土に混ぜて育てると、甘みが強くて香り高い、みずみずしい野菜が収穫できるのです。
じゅんなま研の皆さんは週に2回、コンポストの中身を交換しており、取材を兼ねて私も体験させていただきました。

1、生ゴミは、地域に眠っている宝物であり、大切な資源。

あまり意識したことがなかったのですが、生ゴミの90%は水分なんだとか。日本では現在、年間2800万tもの生ゴミが出ていて、それを焼却するために大量のお金とエネルギーが使われています。
たいらさんは言います。「それってすごくもったいないことですよね」
生ごみを入れて混ぜるだけで、他には何も加える必要がない、という初心者でも簡単な「ダンボールコンポスト」
始めは、家庭菜園や自宅・企業で畑を持っている方々を中心に広めていきました。
でも、それだと限られた人たちにしか実現できず、生ゴミの処理量に劇的な変化はなかなか起こりません。
そんなとき、アイランドシティと繋がりができました。
アイランドシティは先進的モデル都市とも言われ、創エネ・省エネのまちづくりをコンセプトにさまざまな取り組みを行なっています。
そして、それまでの「自己完結型」から「コミュニティ型」循環生活モデルが出来上がりました。
活動に賛同してくださった家庭にダンボールコンポストを置いてもらい、定期的に中身を交換する。「1週間に一回の頻度で中身を交換するので、匂いや虫も気にならない」

そしてアイランドシティ内にあるコミュニティガーデンの畑で分解を促したのちに完成、そのままガーデンの畑の土に混ぜ、出来上がった野菜は交換回数に応じてプレゼントしたり、マルシェを開いて販売したり。
これなら、家に菜園がない方でも、いそがしい方にもできる「循環生活」です。
このサイクルを「ローカル・フード・サイクリング」と名付けています。
いざ、中身の交換へ!
午前9時、連休明けの静かな空気の中、ベロタクシーとカーゴバイクに乗って街中を進みます。
アイランドシティ内の6拠点の交換場所を回るのです。

都市中心部と比べ区画が広いのと、洋風な建物が並んでいるため、なんだか外国にいるような気分になります。また、このロゴや乗り物もうまく景観に溶け込むデザイン。はたから見ると・・・
そうやって認知度を上げていったのだそうです。
とあるマンションのエントランス前で待っていると、しばらくして女性がお子さんと一緒にダンボールを持ってきてくださいました。そして中身の交換。
1拠点10分間を目安に移動します。次の拠点では、野菜をプレゼントしていました。
交換回数5回で新鮮野菜と交換できるのです!野菜をもらった方々は口を揃えていいます。
こうして新鮮な無農薬野菜を食べられることは、とても贅沢なことなのです。

2、「やりたい」という気持ちと使命感に突き動かされて

たいらさんがこの活動を始めたのは、お父様の病気がきっかけでした。
25年前、病に倒れたお父様。無農薬の野菜を食べる自宅での食養生を選択し、たいらさんが食事を担当しました。

そこで感じたことは…「なぜ、こんなに無農薬野菜が手に入らないのだろう?」ということ。あらゆるコネを使って必死に集める毎日。
「なぜ、いつからこんな世の中になったのだろう?」
込み上げてくる焦りと、怒り。

でも、たいらさんが必死に動いて食生活を変えたおかげで、お父様の命は2年伸びたのです。
そこからたいらさんの人生の価値観は大きく変わりました。

平成9年「循環生活研究所」を立ち上げます。
活動のキーアイテムとなったのが「ダンボールコンポスト」。
通常のコンポストで失敗しがちなのが、水分過多による臭い、臭いから虫が寄ってくるという悪循環です。目指すサイクルを実現するためには多くの人が、簡単に、都会にいたとしても取り組めるものでなければ普及しません。研究に研究を重ね開発したのが、ダンボール箱とその中の基材で、水分を吸い、乾かして排出する仕組み。ベランダに置いておくだけでできるのですから、電気もいらない。これなら、多くの人に受け入れてもらえるはず!
でも、ここからが大変でした。
当時、2人の幼子を抱える主婦だったたいらさん。加えて、元来人前に出ていくのは、大嫌いだったそうです。
今までになかったものを作り出す開発や、組織としてのミッション・人と人の関係性の構築には苦労が伴います。ワークショプや講座を開くも、相手に伝わらない、研究や開発が思うようにいかない・・・と、体調を崩すことも多かったようです。

そんなにまでして、彼女を突き動かしたのは何だったのでしょうか。
それでも、「やりたい!」という気持ちの方が強かったのです。

自然の摂理とかけ離れた現代の生活。大量にモノが作られ、大量に消費され、大量に廃棄される。利便性を重視した結果、土が病み、私たちの食生活も乱れています。
たいらさんは、
3、想いは世界と繋がっていく

3つ目の拠点で、南米からやって来た独立行政法人国際協力機構「JICA」の研修生たちと合流しました。
同じように、ベロタクシーとカーゴバイクの運転を体験します。
みんなで声がけをしたりして、和気あいあいの空気感。なんとも陽気な国民性ですね。

彼らに聞くと、こういったコンポスト回収事業は自国でも行われているそうです。
 ※(2019年9月現在、アイランドシティでは無料で取り組みに参加できます)

国によって政策や価値基準も違うのでやり方も様々ですが、「あるものを使う」という考え方は日本の「もったいない精神」と通じるものがあります。

全ての拠点で交換を終え、ガーデンへ。回収した生ゴミを堆肥に変えるための作業に入ります。
ガーデンには、じゅんなま研が開発した木枠のコンポストがあり、網を使って生ゴミと土とを分けます。
音楽をかけながらの作業。もう体がリズムを刻んでいます。さすがラテンのノリ・・・。
堆肥の分解を早めるには、定期的に土を上下に切返さなくてはなりません。
じゅんなま研ではアオサや松葉、雑草を使ったコンポストも作っており、今度はそちらのコンポストで切り返しを実践。
この木枠の仕組みもうまくできていて、木枠を組み替えながら切り替え作業ができるのです。
ある程度土を移したら、踏んで踏んで・・・そしてまた土を移して、踏んで・・・
作業が終わると、ガーデンで育てたハーブを使ったハーブウォーターをみんなで飲みます。
労働の後の爽やかな気分と、香り高いお水が、体を隅々まで潤すようです!!!!

そしてピザ窯でピザを焼き、お昼ご飯。ピザに載せた野菜は全て、ここのガーデンで採れたもの。
甘くてジューシー、野菜の香りが口のなかいっぱいに広がります!
「こんなに野菜が美味しいなんて・・・・・」堆肥を使って育てた野菜のうま味というものを実感しました。
じゅんなま研が定義する「ローカル・フード・サイクリング」の範囲は半径2km。
これはたいらさんが、父の闘病中の当時、子供を抱えながら行動できた暮らしの範囲と同じ。
「この範囲って、全てを「自分ごと」と捉えることのできる範囲なんです」たいらさんは言います。
●主婦が感じる生活圏
●自転車でまわれる距離
●顔が見える
●地産地消の定理
●中学生の行動範囲
子ども達にとっても、キッチンから出た生ゴミがこうやって循環して、美味しい野菜になっていく過程を”自分ごと”として経験できます。
ちなみに南米からいらっしゃった皆さんは、日本に滞在している1ヶ月の間、食事で出た生ゴミをダンボールコンポストに入れて堆肥づくりを実践していました。
どうなってるかな?開けてみると・・・「とっても上手にできています!」とのお言葉が。
「ここで学んだことを、自分の国にきちんと持ち帰って普及していきます」と、代表挨拶。
そして南米から来た仲間たちは、バスに乗って帰っていきました。
半径2kmという、小さなコミュニティで行われる循環生活。
循環生活研究所(じゅんなま研) 詳しくはコチラ>>>
Back to Top